子育てをラクに

【保育歴20年のねこねこ先生が伝える】失敗しないトイレトレーニングの方法

かごにのったトイレットペーパー
この記事は一部にスポンサーリンクを含みます。

子どもの成長に伴い、トイレトレーニングは必要不可欠な課題ですが、実際には多くの親がトイレトレーニングに苦労しています。本記事では、トイレトレーニングに必要な情報を解説し、トイレトレーニングの成功のためのポイントや失敗原因、フォローアップなどを紹介します。

本記事では、トイレトレーニングに必要な準備、適切な時期、方法、進め方、成功のポイント、失敗原因、よくある疑問、そしてトイレトレーニング後のフォローアップについて詳しく解説しています。読者はトイレトレーニングを始める前から、成功後のアフターケアまで一通りの情報を得ることができます。

本記事を読むことで、トイレトレーニングに必要な知識を身につけることができます。トイレトレーニングの成功のポイントや失敗原因を理解することで、効果的なトイレトレーニングの方法を選択し、子どもの成長に合わせたトレーニングを進めることができます。また、トイレトレーニングの失敗が起こった場合にも、対処法を知ることで再度挑戦することができます。

トイレトレーニングを始めようとしている親や、トイレトレーニングに失敗した経験がある親など、子どものトイレトレーニングに関心がある親御さんは、是非本記事を読んでください。また、保育士や幼稚園の先生、子育て支援担当者など、子育てに関わる方にも役立つ情報が満載です。

この記事を読んでもらいたい方
  • トイレトレーニングを始めようとしている方
  • トイレトレーニングに失敗した経験がある方
  • 子どものトイレトレーニングに関心のある方
らんちゃん

どうしたら、おねえさんパンツになれるのかなぁ?

ねこねこ先生

子どものやる気があるときが、トイレトレーニングのチャンスです。

はじめに

トイレトレーニングは、子どもがおむつを卒業し、自分でトイレに行くことができるようになるための訓練です。トイレトレーニングの目的は、子どもが自立し、健康的な生活を送るための重要なステップのひとつです。

しかし、トイレトレーニングには時間と根気が必要であり、子どもにとっても大きなストレスになることがあるため、慎重な計画と十分な理解が必要です。

本記事では、トイレトレーニングを行う際に親が押さえておくべき注意点や方法、進め方、成功のポイント、失敗原因や対処法、よくある疑問、トイレトレーニング後のフォローアップ、そして最新の研究について解説します。

トイレトレーニングの準備

トイレトレーニングを始める前に、子どもと家族が準備することがあります。トイレトレーニングの準備には、以下のようなものが含まれます。

  • トイレ用品の準備:トイレの便座用のクッションや補助便座、ステップ台など。
  • トイレトレーニング用品の準備:子どものトイレトレーニング用の下着やパンツ、ポットなど。
  • カレンダーやチャートの準備:トイレトレーニングを記録するためのカレンダーやチャートを用意することで、子どもが自分の進歩を確認できます。
  • 忍耐力と計画性:トイレトレーニングは子どもにとって新しいスキルを習得するためのプロセスであるため、時間と忍耐力が必要です。また、トイレトレーニングに取り組む前に計画を立てることも重要です。

親がトイレトレーニングを準備する際には、子どもにとって最適な方法で取り組むことが大切です。トイレトレーニングは子どもと家族にとってストレスを引き起こすことがありますので、親は自分のスケジュールや子どもの発達段階に合わせて取り組むようにしましょう。

トイレトレーニングの時期

トイレトレーニングを始める適切な時期については、子どもの発達段階と密接に関係しています。トイレトレーニングは、子どもが膀胱をコントロールすることができるようになり、自分でトイレに行くことができるようになるために行われます。しかし、子どもの発達段階に合わない時期にトイレトレーニングを始めると、ストレスや不安を引き起こし、トイレトレーニングが難しくなることがあります。

トイレトレーニングを始める適切な時期は、子どもの発達段階によって異なりますが、一般的には2歳から3歳の間が適しています。この時期には、子どもは言葉を覚え、自己主張ができるようになり、自己意識が高まっています。また、排泄物の意識も高まっているため、トイレトレーニングに取り組むことができます。

ただし、必ずしも全ての子どもが2歳から3歳の間にトイレトレーニングを始める必要はありません。一部の子どもは、4歳や5歳になってからトイレトレーニングを始めることがあります。また、早くからトイレトレーニングを始めたとしても、すぐに上手にできるわけではありません。子どもの個性や発達段階に合わせて、無理のないトイレトレーニングを進めていくことが大切です。

子どもの発達段階とトイレトレーニングの関係については、以下のようにまとめることができます。

  1. 言葉を話すことができるようになったら、トイレトレーニングを始めることができます。
  2. 膀胱のコントロールができるようになると、トイレトレーニングが進みやすくなります。
  3. 自己主張ができるようになると、自分でトイレに行きたいと言えるようになります。
  4. 自己意識が高まると、おむつを外すことに興味を持ち、トイレトレーニングに取り組むようになります。

以上のように、子どもの発達段階に合わせたトイレトトレーニングを進めてください。

トイレトレーニングの方法

トイレトレーニングを行う方法は、ポッタリング法、アンダーウェアトレーニング、ベビーサインなどがあります。それぞれの方法には、メリットとデメリットがあります。

  1. ポッタリング法

ポッタリング法は、トイレに連れていってからおしっこをさせることを繰り返す方法です。トイレに座らせると、おしっこをするときに「ポッタリング」という音が出ることからこの名前がつきました。

ポッタリング法のメリットは、トイレに慣れることができることや、親子のコミュニケーションがとりやすいことです。一方、デメリットとしては、トイレのタイミングがつかみにくいことや、トイレ以外でおしっこをすることが多くなることがあります。

  1. アンダーウェアトレーニング

アンダーウェアトレーニングは、おむつからパンツに替えることで、おしっこをする感覚を身につける方法です。トイレに座らせる前におしっこをする癖をつけることで、トイレトレーニングを進めます。

アンダーウェアトレーニングのメリットは、自分でおしっこをする感覚を身につけることや、子供の自己肯定感を高めることです。デメリットとしては、失敗が多いと子供のストレスになることや、洋服の着替えが増えることがあります。

  1. ベビーサイン

ベビーサインは、手話を使ってトイレに行くことを伝える方法です。手話を使うことで、子供の言葉の発達を促すことができます。

ベビーサインのメリットは、言葉の発達を促すことや、親子のコミュニケーションを深めることです。デメリットとしては、手話を覚えるまでに時間がかかることや、手話を使うことができない場面でのトイレトレーニングが難しいことがあります。

スポンサーリンク


トイレトレーニングの進め方

トイレトレーニングの進め方には、スケジュールの立て方やトイレトレーニングの段階などがあります。

まず、トイレトレーニングを始める前に、家族全員がトイレトレーニングについての基本的なルールを決めておくことが大切です。次に、スケジュールを立てて、トイレトレーニングを進めることが必要です。スケジュールを立てる際には、トイレトレーニングの段階ごとに目標を設定し、進捗状況を把握するようにしましょう。

トイレトレーニングの段階は、以下のように分かれています。

  1. おしっこだけのトイレトレーニング

最初の段階では、まずおしっこだけをトイレで済ませることを目標にしましょう。トイレでおしっこをすることができたら、すぐに褒めてあげることが大切です。

  1. うんちもトイレで済ませるトイレトレーニング

次の段階では、うんちもトイレで済ませることを目標にします。うんちはおしっこよりも難しいため、子どもにストレスをかけないよう、焦らずゆっくりと進めましょう。

  1. 外出先でもトイレトレーニング

最後の段階では、外出先でもトイレトレーニングができるようになることを目標にします。外出先でトイレを済ませるためには、トイレに慣れていることが大切です。外出先でもトイレトレーニングができるようになったら、子どもを褒めてあげることが重要です。

保育園でのトイレトレーニングの実際

・失敗した時の関わり方

園では、もし失敗してしまったときには、「恥ずかしさ」を感じないようにすることを心がけています。その場で着替えをしなくてはいけない時にも、周り方見えないように気をつけたり、周りの「すぐに着替えようね」とさりげなく着替えられるようにしています。

・友だちとの関係性

きっと、家でトイレトレーニングをするよりも、集団の中で進めていく方が楽な場面もあるでしょう。例えば、大好きな友だちが先に布パンツになっていたら、自分もやってみようと思えるでしょう。または、失敗してしまったときも、友だちから気づかれてしまい、次からは気をつけようと思うかもしれません。ですので、親子で個別にトイレトレーニングをするときよりも、楽にできることもあるでしょう。

・保護者に用意してもらうものと心構え

集団の中での方が子どもへのアプローチはしやすい部分のあるかもしれませんが、全てを園に任せきりなのも考え物です。中には、園でもパンツをはかせているのに、家ではずっとオムツで過ごしているという方もいます。せっかくの親子の関係性を作れる場面でもあるので、ぜひ家庭でのトイレトレーニングにも挑戦してもらいたいと思います。

トイレトレーニングの成功のためのポイント

子どものペースに合わせること

トイレトレーニングは、子ども自身がトイレトレーニングに必要なスキルを身につける過程です。そのため、子どものペースに合わせて進めることが重要です。親が急いで早期にトイレトレーニングを終わらせようとすると、子どもにストレスを与えることになるため、子どもが自分でトイレに行きたいと思うようになるまで、時間をかけて進めるようにしましょう。

ポジティブなアプローチをとること

トイレトレーニング中に失敗があったとしても、子どもに責任を負わせたり、怒ったりすることは避けるようにしましょう。代わりに、ポジティブなアプローチをとることで、子どもの自尊心を保ちながら、自信をつけさせることができます。成功したときには褒めたり、報酬を与えたりすることも、モチベーションを高める上で役立ちます。

トイレトレーニングに必要なスキルを身につけさせること

トイレトレーニングを成功させるには、子どもに必要なスキルを身につけさせることが必要です。トイレの場所や便器の使い方、自分でパンツを脱いだり、履いたりする方法など、一連の流れを繰り返し練習させることが大切です。

トイレトレーニングに集中する時間を作ること

トイレトレーニングには、親がしっかりと時間を割いて子どもをサポートすることが必要です。トイレトレーニングの期間中は、できるだけ家にいる時間を増やし、子どもがトイレに行くためのタイミングを見逃さないようにしましょう。

マイペースで進めること

トイレトレーニングは、親子ともにストレスを感じることがあるかもしれませんが、子どもに無理強いをすることは避けるようにしましょう。子どもがマイペースで進めることが大切です。進み具合に合わせて、トイレトレーニングのペースを調整し、子どもが焦らず、無理なくトイレトレーニングを進められるようにサポートしましょう。

周囲の環境を整えること

トイレトレーニングには、子どもがトイレに行くための環境整備も必要です。トイレの便座に馴染みやすい便座カバーを使ったり、トイレットペーパーや手洗い用のソープを用意したりすることで、子どもがトイレに行くのを楽しいこととして捉えることができます。

トイレトレーニングの失敗原因と対処法

トイレトレーニングが失敗する原因は様々あります。以下に代表的なものを挙げて、その対処法について解説します。

  1. トイレトレーニングを始める時期が早すぎる場合子どもの発達段階に合わせずに、親が無理やりトイレトレーニングを始めると、失敗する可能性が高くなります。トイレトレーニングには、子ども自身がトイレに行くことを自発的に望むようになる「トイレに関心を持つ」段階が必要です。この段階を逃して無理やりトイレトレーニングを始めると、トイレに行くこと自体を拒否するようになり、逆効果になることがあります。対処法としては、トイレトレーニングを再度行う際には、子ども自身がトイレに行くことを望むようになる「トイレに関心を持つ」段階をしっかりと見極め、無理やり始めないようにすることが大切です。
  2. 説明不足や不十分なトイレトレーニングの方法の選択トイレトレーニングの方法を選択する際、親自身が理解できず、子どもに伝えることができない場合があります。また、トイレトレーニングの方法が不十分な場合、トイレに行くことに対しての意欲がわかない子どももいます。対処法としては、トイレトレーニングの方法について十分に理解し、子どもにも分かりやすく説明することが大切です。また、トイレトレーニングの方法が不十分な場合、トイレトレーニングの進め方を見直し、十分なサポートを行うことが必要です。
  3. 子どもがストレスを感じる場合トイレトレーニングは子どもにとってストレスがかかることがあります。特に、トイレに行けないことに対して親が叱ったり、怒ったりする場合、子どもはストレスを感じ、逆効果になることがあります。対処法としては、子どものペースに合わせ、ポジティブなアプローチを取ることが大切です。子どもがトイレに行くことを褒めたり、トイレトレーニングに成功した時にはご褒美を与えることで、子どもにとってポジティブな体験となります。また、トイレトレーニングが上手くいかない時は、親が子どもを責めたり、叱ったりするのではなく、子どもの気持ちを理解し、共感することが大切です。例えば、「トイレに行くのが難しいね、一緒に頑張ろう」といった言葉で子どもの気持ちを受け止め、協力することが大切です。
  4. また、子どもがストレスを感じる場合は、原因を特定し、対処することが大切です。ストレスの原因としては、トイレトレーニング以外にも、家庭内の問題や園児生活のストレスなどがあります。親が子どもと十分にコミュニケーションを取り、子どもの気持ちを聞き出すことが重要です。また、子どもが十分に睡眠をとり、適度な運動をすることもストレス解消に役立ちます。
  5. 最後に、子どもがストレスを感じている場合は、専門家に相談することも重要です。小児科医や心理カウンセラーなどに相談することで、子どもの状況に合わせたアドバイスや支援を受けることができます。

スポンサーリンク


トイレトレーニングに関するよくある疑問

トイレトレーニングには、成功することも失敗することもあります。ここでは、トイレトレーニングに関するよくある疑問について解説します。

  1. いつからトイレトレーニングを始めればいいの?

トイレトレーニングを始める適切な時期は、子どもの個性や発達段階によって異なりますが、多くの場合、2歳から3歳の間が良いとされています。ただし、子どもがトイレトレーニングに興味を持ち始め、自分でトイレに行くことを望むようになった時が一番適した時期です。

  1. どうやってトイレトレーニングを始めたらいいの?

トイレトレーニングを始める前に、トイレトレーニングに必要な用具や場所の用意、そして子どもとのコミュニケーションを大切にすることが重要です。子どもがトイレトレーニングを始める意欲を持つように、トイレについての本やDVDを見せたり、トイレを親子で観察したりするのも良いでしょう。

  1. おむつを外すタイミングはいつがいいの?

おむつを外すタイミングは、子どもの個性やトイレトレーニングの進捗状況によって異なります。ただし、トイレトレーニングを始める前には、おむつの着脱に慣れさせることが大切です。トイレトレーニングが始まったら、おむつを外してトイレに誘うタイミングを、日中の時間帯に集中するようにしましょう。

  1. トイレトレーニング中の失敗はどう対処すればいいの?

トイレトレーニング中に失敗が起こった場合は、子どもに「失敗したからダメ」というような責めるような言葉をかけず、ポジティブなアプローチを心がけましょう。子どもが自分でトイレに行けるようになるためには、失敗を経験することも必要です。失敗が続く場合には、トイレトレーニングの方法を見直すことも必要です。

  1. 兄弟姉妹がいる場合、トイレトレーニングはどうすればいいの?

兄弟姉妹がいる場合、トイレトレーニングは一緒に行うこともできます。特に、兄弟姉妹が近い年齢であれば、一緒にトイレに行くことができます。ただし、兄弟姉妹が年齢差がある場合や、トイレトレーニングの進捗状況が異なる場合には、個別にトイレトレーニングを行うことが必要です。

  1. トイレトレーニング中に子どもが拒否する場合はどうすればいいの?

トイレトレーニング中に、子どもが拒否する場合があります。この場合、子どもに無理強いすることは避け、一旦トイレトレーニングを中断することもあります。また、子どもにトイレトレーニングをする理由やメリットを説明することも大切です。子どもが自分でトイレに行くことができることを褒めることも、モチベーションを高めるために役立ちます。

  1. トイレトレーニングはいつまで続ければいいの?

トイレトレーニングは、子どもの発達段階や個性によって異なります。トイレトレーニングが成功するまで、1週間から数か月程度かかる場合があります。ただし、トイレトレーニングが成功したからといって、完全にオムツを外すことができるわけではありません。夜間のオムツは、トイレトレーニングが成功しても、しばらくの間は必要な場合があります。

最後に、トイレトレーニングは親子のコミュニケーションや協力が不可欠です。子どものペースに合わせて、楽しくトイレトレーニングを進めていきましょう。

トイレトレーニング後のフォローアップ

トイレトレーニングが終わった後も、子供がトイレに行くことができるようになったかどうかを確認することが重要です。トイレトレーニングが成功した場合は、子供が自信を持ってトイレに行けるようになったことを認め、祝福しましょう。また、子供がトイレに行けるようになったことを周囲に報告し、親族や保育園・幼稚園の先生などにも知らせておくと、トイレトレーニングの成功に対する祝福や励ましの言葉が届くこともあります。

一方、トイレトレーニングが失敗した場合は、子供がトイレに行くことができなかった原因を考え、それに合わせた対処法を行いましょう。トイレトレーニングに失敗した場合でも、焦らずに再度トイレトレーニングを始めるタイミングを見極めることが大切です。また、再度トイレトレーニングを始める際には、前回のトイレトレーニングで試みた方法を見直し、改善することが必要です。

トイレトレーニング後には、以下のような問題が発生することがあります。

・ トイレに行く回数が減ったり、お漏らしをするようになった場合

・ トイレで便秘や腹痛を訴えるようになった場合

・ トイレを我慢するようになった場合

・ 睡眠中にお漏らしをするようになった場合

これらの問題に対処するためには、原因を探り、適切な対処法を見つける必要があります。例えば、トイレに行く回数が減った場合は、水分摂取量が少なくなっていないか、尿意を我慢していないかを確認しましょう。トイレで便秘や腹痛を訴えるようになった場合は、便秘になっていないか、お腹を温めるなどの方法で改善できるかを検討しましょう。

また、トイレトレーニングが終わった後も、子供がトイレに行けるようになったかどうかを確認することが大切です。子供がトイレに行くことができるかどうかを定期的に確認し、必要に応じてトイレトレーニングを再開することも必要です。

さらに、トイレトレーニングが成功しても、子供が外出先や友達の家などでトイレに行くことに不安を感じることがあります。このような場合には、子供にトイレに行くことができるようになった自信を与えるため、トイレットペーパーやウェットティッシュ、お尻拭きなどを持たせることが有効です。

最後に、トイレトレーニングは子供の発達段階に合わせた段階的なアプローチが重要です。子供のペースに合わせ、焦らずに取り組むことが大切です。トイレトレーニングが失敗した場合でも、落ち込まずに再度チャレンジすることができるよう、親が子供をサポートすることが必要です。

まとめ

トイレトレーニングについては、子どもの発達段階に合わせた方法や進め方が必要です。また、成功するためにはポジティブなアプローチや子どものペースに合わせた進め方が重要です。トイレトレーニングが失敗してしまった場合でも、再度トライするタイミングや方法を見直すことで改善できます。トイレトレーニングが終わった後も、アフターケアを行いトラブルを予防しましょう。

まとめると、トイレトレーニングは子どもにとって大切なステップであり、成功するためには親のサポートやポジティブなアプローチが必要です。失敗してしまった場合でも、再度トライするタイミングや方法を見直すことで改善できます。トイレトレーニングが終わった後もアフターケアを行い、子どもの健康と快適な生活をサポートしましょう。

ABOUT ME
ねこねこ先生
経験20年以上の現役男性保育士│娘二人(8y,6y)子育て中+担任として現場で働いています│見てきた子どもの人数は2000人以上│合気道歴15年以上│30分でも自分の時間をもてるよう手助け|子育てを楽にする方法|心と身体を整え子どもと穏やかに|詳しくはブログをどうぞ♪ 育児に不慣れなパパの保育参加も応援していきます(⌒▽⌒) いつも心に遊び心を♪
どんなおもちゃを子どもに与えていいか悩んでいませんか?
実は子どもの発達が伸びていく要因の大半はおもちゃ選びで決まります。
興味をもったらこちらの記事へ
関連記事
おもちゃで遊ぶ赤ちゃん 子育てをラクに

子どもが泣き止まないときのあやし方17選

11/06/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子ども泣いていて、抱っこしいていても泣き止まなくて、途方にくれてしまった経験はありませんか? 子育てをはじめてたばかりで経験がないと、泣き止ませる方法がわからず、どうしてい …
横を向いてる猫 子育てをラクに

まとめ記事・これを読めば子育ての「悩み」「疑問」「コツ」の全てわかります

05/21/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子育てを続けていくと、疑問に思ったり、どうしたらいいかわからなくなることもありますよね。 自分や周りの数名の考えだけで子育てを進めて …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA