絵本紹介

怖いけど、やっぱり見たい♪絵本紹介:「がらがらどん」マーシャ・ブラウン著

この記事は一部にスポンサーリンクを含みます。

今回は、「がらがらどん」を紹介していきます

このお話はノルウェーの昔話です

とても昔からある絵本なので、知っている方も多いでしょう。中には、親御さん自身が保育園なので読んでもらったことがあるかもしれません。

らんちゃん

絵が怖いよ~~

ねこねこ先生

トロルとか怖いところもあるけど、何度も「読んで」といわれる絵本です。

あらすじ

ストーリーは怖いトロルが欲張りをして損をする話です。

三匹のヤギが草がたくさん生えている山に行こうとするのですが、山に行くには谷を渡らなければなりません。

橋の下にはトロルがいて、行く手を邪魔します。

小さいヤギを食べようとしたトロルですが、小さいヤギが「少し待てば大きいヤギが来ますよ」というとトロルは「とっとと行ってしまえ」と欲を出して見逃します。

中くらいのヤギも同じように見逃し、最後に大きいヤギがくるのですが、そのヤギはトロルよりも大きくトロルはやられてしまい、トロルはバラバラになって谷底を落とされてしまいます。

その後、三匹のヤギたちは、無事に山へ登っていくことができ、お腹いっぱい草を食べることができ、めでたしめでたし。

おすすめの点

とにかく、トロルが怖いところが魅力なのでしょうか?

最初は怖かったトロルが、味方の大きいヤギにやられてしまう、単純な善悪があるのもわかりやすいのでしょう。

始めは怖がって、目を手で隠している子どももいるくらいですが、何度か読んでいると「がらがらどん読んで!!」と言ってくる子どももいます。

昔からある絵本なので、最近よくある悪者が改心して仲直りではありません。

7匹の子ヤギや3匹の子ブタなどでも、オオカミが川に落ちたり、ひどい時には鍋で煮られてしまうこともあります。

自分的には、さすがに直接的な表現には抵抗はありますが、いつでもだれとでも仲良しになるのも、現実的じゃないかなと思ってしまいます。

これは絵本を選ぶ時にいつも悩む点だったりもしますね。

絵は

絵はとても、怖い感じで0・1才児などは表紙を見ただけで泣いてしまう子どももいるくらいです。

それでも、迫力のある絵に子どもたちはくぎ付けになるでしょう。

最後の山に登って草を食べている場面では、色も穏やかで安心できるようになっていて、怖い場面とのメリハリがついて、ちょうどよい感じになっているのではないでしょうか。

まとめ

子どもたちの大好きな「がらがらどん」

表紙はちょっと怖いのですが、何回か読んであげるときっと喜んでみてくれると思います。

トロルを怖い感じで読むと更に楽しめるので、パパが読んであげるのもおすすめですよ。

この記事を読んで、子どもたちがお気に入りの絵本を見つけてもらえると嬉しいです(^-^)

ABOUT ME
ねこねこ先生
経験20年以上の現役男性保育士│娘二人(8y,6y)子育て中+担任として現場で働いています│見てきた子どもの人数は2000人以上│合気道歴15年以上│30分でも自分の時間をもてるよう手助け|子育てを楽にする方法|心と身体を整え子どもと穏やかに|詳しくはブログをどうぞ♪ 育児に不慣れなパパの保育参加も応援していきます(⌒▽⌒) いつも心に遊び心を♪
どんなおもちゃを子どもに与えていいか悩んでいませんか?
実は子どもの発達が伸びていく要因の大半はおもちゃ選びで決まります。
興味をもったらこちらの記事へ
関連記事
絵本を読む子ども 絵本紹介

小学3年女子が選ぶ。5才児におすすめ絵本5選

05/25/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
良い絵本を選ぶのは難しいですよね。 大人が選ぶも尾を子どもが好きになるとは限りません。 うちの子は、生まれてからずっと寝る前の読み聞かせをしていた結果、無類の絵本好き …
本を読む子ども 絵本紹介

保育歴20年以上の現役保育士が選ぶおすすめ絵本:ツッコミがうまくなる!?「ちょっとだけまいご」クリス・ホートン

04/25/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子どもが好きな絵本を選ぶことは難しいですよね。 どんな絵本を子どもに読んであげたらいいのか、迷っている方はいませんか? 保育歴 …
絵本紹介

子どものイマジネーションを伸ばそう♪おすすめ絵本:「めっきらもっきらどぉんどん」

05/02/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子どもにどんな絵本を与えればいいのかわからない。 子どもが大好きになってくれる絵本を見つけたい。 そんな方に、おすすめ絵本の紹 …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA