子どもに伝えたい事

自分に自信を持つと幸せになれる。子どもの自己肯定感を育てよう♪

この記事は一部にスポンサーリンクを含みます。

子どもに決断することができなかったり、すぐに心が折れてしまうことはありませんか?

一度や二度の失敗をすることは誰にでもあることです。

大事なのはそこから立ち直ることができるかどうかです。

自己肯定感がしっかり身についていないと、挫折から立ち直ることが難しくなってしまいます。

今回は、保育歴20年以上のねこねこ先生が、子どもの自己肯定感について話をしていきます。

この記事を読んで実践していけば、子どもは自信を取り戻していくことでしょう。

ポイントを押さえ、子どもの自己肯定感を育んでいきましょう。

らんちゃん

自分で決められない・・・どうしよう・・・

ねこねこ先生

自分に自信がないと、なかなか幸せを感じられませんよね。

自己肯定感の6つの柱

自己肯定感を細かく分けると6つの感に分けられます。

自尊感情

自分には価値があると思える感覚

あなたの子どもは自分自身に満足していますか?

誰かのためになることが自尊感情を高めます。

自己受容感

ありのままの自分を認める感覚

ありのままの自分を認めたら「折れない心」が育っていきます。

まずは、大人がありのままの子どもを認めてあげましょう。

自己効力感

自分はできると思える感覚

1・2歳児ではこの感覚が強いですね(^-^;

大きくなると「やっぱりできない」と、考えることが増えていく傾向にあります。

肯定的な言葉が潜在意識を変えていきます。

プラスの言葉をたくさん子どもに聞かせてあげましょう。

自己信頼感

自分を信じられる感覚

「自信」を育ててあげましょう。

「根拠のない自信が絶対的な自信」です。

周りの人や世間を基準にしていると、自己信頼感は育ちません。

自分自身に従順であることが、自己信頼感を育てていきます。

子どもの自由を保障することが大切になってくるのです。

自己決定感

自分で決定できるという感覚

ものごとを自分で決定することで幸福度が増していきます。

親が何でも決めてしまうのではなく、子どもに選択肢を残しておいてあげましょう。

もちろん、子ども自身が選んだものは、しっかり認めてあげてください。

自己有用感

自分は何かの役に立っているという感覚

人は誰かの役に立った時に最大の幸福を感じられます。

子どもにお手伝いをお願いすると、喜んで手伝ってくれることが多いですよね。

人は自分のためだけには頑張れません。

人とつながることで充実感を得ることができるのです。

日本人の自己肯定感

自分は、自信をもてる=自己肯定感があることだと思います。

諸外国に比べ日本人はとても低いことを知っていますか?

日本の教育では、偏差値がいいことが望まれます。

それは、一つの教科で100点を取って、他が10点よりも、平均で75点の方が好まれるということです。

また、前者の場合、時として100点よりも10点が気になってしまうこともあるでしょう。

すると、「10点ばかりとる自分はダメなんだ」と自己肯定感が下がっていきます。

このように学校教育の基本が、加点法ではなく減点法な事もあり、日本人には自己肯定感が低い人が多いそうです。

愛着

では、まず子ども時代には、どのようにして自己肯定感が育つよう、関わればいいのでしょうか?

それは、しっかりと愛着関係を築くことが大切です

誰かとの愛着関係ができ「自分は大切な存在だ」と思えたら、自己肯定感は育ちます

そのためには、親または養育者がしっかりと褒めることが大切です

いいことをしたときだけでなく、当たり前のことや望ましくないことをしなかったときにも、褒めてあげるといいですね。

そのときには、「すごい」や「えらい」と伝えると、褒められること自体が目的になることもあるので、「ありがとう」と伝える方がよいでしょう。

スモールステップ

これは、大人の自己肯定感を養うときにも使える方法です。

それは、スモールステップ

いわゆる小さな成功体験を重ねることです。

ただ、これも何の努力もせずにできる、簡単なことを重ねても意味は薄く(ないわけではないですが)

少し頑張れば達成できることに挑戦してクリアしていくことで「頑張ればできるんだ」と自信をつけることができます。

そのためには、目標設定が大きすぎると失敗が多くなり「自分はダメだ」と自信がなくなったります。

当たり前にできる簡単な事では、自信をつけることの効果は期待できないので、難しすぎず簡単すぎないことを見つけ、挑戦できるようにしましょう。

目標設定がとても難しいものです。

小さな子どもの場合は、大人が見つけてあげることも多くなります。

そのためには、子どもの興味や発達の段階を見極め、どの程度のことを自分の子どもができるのかをみつけ、環境を整えてあげましょう。

感情をだす

最後は、感情についてです。

子どもが感情のままに行動することはよくあると思います。

それをその都度、叱って止めていたらどうなるでしょう?

もちろん、反発するか自分はダメなんだと自己否定になると思います。

それでは、自己肯定感は育ちませんね

全てを好き勝手させるのがいいわけではありませんが、叱ることと褒めることの割合を考えていきましょう

そして、どんな感情を出したとしても「ありのままの自分でもいいんだ」と思えるよう関わっていけるといいですね。

まとめ

子どもの自己肯定感=自信を育んでいくためには、愛情や挑戦できる環境、しっかりと感情を受け止められることが大切になります。

発達の段階を見極めることなど難しい点もありますが、意識して関わることで、子どもの自信がそだっていくことでしょう。

この記事が誰かの役に立てたら嬉しいです。

それでは…

ABOUT ME
ねこねこ先生
経験20年以上の現役男性保育士│娘二人(8y,6y)子育て中+担任として現場で働いています│見てきた子どもの人数は2000人以上│合気道歴15年以上│30分でも自分の時間をもてるよう手助け|子育てを楽にする方法|心と身体を整え子どもと穏やかに|詳しくはブログをどうぞ♪ 育児に不慣れなパパの保育参加も応援していきます(⌒▽⌒) いつも心に遊び心を♪
どんなおもちゃを子どもに与えていいか悩んでいませんか?
実は子どもの発達が伸びていく要因の大半はおもちゃ選びで決まります。
興味をもったらこちらの記事へ
関連記事
子どもに伝えたい事

これが近道!?、食事中席に座っていられない子どもへの対処法

05/08/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
「座ってられるのは最初の5分だけで、すぐに立ち歩いてしまう」 「そもそも、座って食事を始められることの方が少ないんです」 そん …
鉄棒をする子ども 子どもに伝えたい事

【保育歴20年のねこねこ先生が伝える】新しいことに挑戦できない子どもへの関わり方

02/24/2023
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子どもたちが新しいことに挑戦できない、自己表現や自己主張ができないなど、チャレンジ精神に欠ける問題が近年深刻化しています。 保育園で …
チャレンジタッチの写真 子どもに伝えたい事

【小学校進級に向けて】チャレンジタッチはどう?実際に使ったレビュー

08/26/2022
ねこねこ先生の子育てお役立ち情報、いつも心に遊び心を
子どもが年長さんくらいになると、小学校に向けて何かした方がいいかと迷いますよね。 うちは上の子どもが紙の【こどもちゃれんじ】をしてい …

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA